大阪のリフォームでは自分の理想を具体的に伝える事が大切です

シンプルな部屋

お風呂のリフォーム

白い部屋

家のリフォームで一番に手をつける方が多いのがお風呂のリフォーム。築20年30年経過したお家のお風呂は、タイル張りであったりしてやはり「冬寒くて困る」という方が大半です。リフォームの場合、大工さんにお願いして作ってもらうのも可能ですが、ほとんどの方がユニットバスへの変更を選択されます。ユニットバスのよいところは、完成までの日数が短いことや、最近は耐震性にも力を入れているので、万一の場合、お風呂場への非難という選択も取れます。
ユニットバスのメーカーはいろいろありますが、工事は次のような流れとなります。まず、どのユニットバスにするかを決定します。ご自分でショールームに行ってみるのもよいかと思いますが、楽なのは、お近くの工務店等に相談してみることです。工務店に相談すれば、ユニットバスメーカーとの取次ぎや工事業者の取次ぎもまとめてやってくれます。
ユニットバスが決まれば、業者による解体作業があります。既存の浴槽や壁、床等を撤去し新しいユニットバスのスペースを作ります。その後ユニットバスメーカーによって組み付けが行われ、必要により大工さんにより細かい仕上げの後
リフォーム完了となります。このとき、築年数の経過しているお家の場合は、水やお湯の配管も一新されることをお勧めします。

Recent Posts

白い部屋

お風呂のリフォーム

家のリフォームで一番に手をつける方が多いのがお風呂のリフォーム。築20年30年経過したお家のお風呂は、タイル張りであったりしてやはり「冬寒くて困る」という方が大半です。リフォームの場合、大工さんにお願いして作ってもらうのも可能ですが、ほとんどの方がユニットバスへの変更を選択されます。ユニットバスのよいところは、完成までの日数が短いことや、最近は耐震性にも力を入れているので…